初めての方へ hamabiの特徴とサポート

そう!美大へ、現役で。

基礎教育の充実と現役合格の両立

hamabiの教育理念は、「高いデッサン力の養成」と「難関美大への現役合格」です。
高いデッサン力とは絵を描く基本的な力で、それをつけるにはある程度の時間と経験が必要とされています。また、難関校に現役合格するということは短期間での結果を求めるものであり、この二つは本来相反するものです。hamabiの教育プログラムはこれを両立させます。現役で合格することは当たり前、難関校に余裕を持って合格する為の準備をさせることが予備校の役割であると考えています。

創造活動の豊かなベースを

 美術の基礎はデッサンだということはよく言われることです。hamabiでは特に高1・高2の段階で高いデッサン力を付けるということを最大の教育目標にしています。美術大学にはいくつもの専攻があり、そのどの専攻でも大抵、デッサンの実技試験が課されています。美術のあらゆる場所でデッサンが重視されているということには理由があります。デッサンを描く力を付けるということはもちろんですが、実はデッサンを通してもの作りに必要な様々な力を付けることが出来るという意味でデッサン力ということの重要性があるのです。大学の先にある美術の世界は、さらに様々な分野への広がりをもっていますが、仕事の種類によっては、「描く」ということからは離れていく場合もあります。しかしどんな場に行っても、デッサンを通して得た、構想し、素材に触り、観察し、確かめ、完成させるという「もの作りの基本」は、あらゆる創造活動を支える豊かなベースとなっていきます。

 高1〜高3までの教育は、描く力を付けるのではなく、描くことを楽しむという方針で教えているという美術予備校がじつは多く、当然、実践的な描く力がつかない状態で入試をむかえることになってしまいます。浪人してから時間をかけて経験を積むことで、実技力がついていくという考え方ですから、浪人することが織り込み済みの教育です。さらに、全員に難関校を目指させるという進路指導もよく行われます。これが2浪、3浪はあたりまえという美大独特の現象を生んでいました。確かに「どこでも良いから現役で」というのは、勧められません。難関校を目指すことで、結果的に高い基礎力がついていくことはあります。実力のない状態で合格できる大学に進学すると、大学での4年間を無駄に過ごすことになるだけでなく、大学卒業後に美術の世界で生きていくことは到底できません。しかし、だからといって浪人しなければ力がつかないとか、浪人して大学に行かなければ大学の授業についていけないという論理には賛成できません。要するに、力をつけて大学に進学すれば良いのです。また、将来の目標やそれぞれの資質に応じて進路指導は行われるべきなのです。

 hamabiでは、初心者から段階を経て、ものの見方や捉え方を解りやすく解説し、理解して、演習を通して体に覚え込み、しっかりとした基礎を固めていきます。その上で、志望・専攻に合わせた細やかな対策を行うことで、現役で難関美大に合格する力をつけます。OB・OGが大学で主体的に学び、活動している姿や、卒業後にデザイナーやアーティストとして活躍していることが私たちの誇りです。

学院生活のサポート

カルテ

学習カルテ

成長の過程を記録し、講師間で共有、指導に役立てます。全ての生徒のカルテを厳重にファイル管理しています。入学以来の経緯、実技力の評価と分析、学科成績の変化、志望校等を担当コースの講師が把握し、指導に反映させる態勢を取っています。

報告書

学習状況報告書

保護者の方へ、現状のお知らせを行っています。カルテに記載されている情報の中から必要な項目を選択・抽出して、年に数回、解り易い形で保護者の方へお送りし、生徒ひとり一人の現況をお知らせします。

保護者面談

保護者面談

年数回、保護者の方へ現状のご報告と個別の進路相談をおこなっています。実技指導の担当講師が、その時点での実技の習熟度をご説明するほか、学力や個人のメンタル面まで緊密に情報交換し、指導効果の向上に役立てます。

学科・実技模試

学科・実技模試

学科・実技共に、定期的に習熟度を測ります。高1・高2 生は、習熟度の確認のために毎学期末に、高3・高卒生は実際の入試を想定した内容で随時実技模試が行われ、評価されます。学科模試も定期的に行い、結果と評価は保護者の方に郵送されます。

学科・実技模試

センタープレテスト

美大学科コース受講者に限らず、高3生・高卒生が無料で受けることのできるセンター入試の模擬試験です。入試本番に限りなく近い条件での模試を経験し、注意しておきたいことをピックアップしておくことで、入試にしっかり備えます。

保護者面談

美術図書

受験に関する参考作品以外に、過去から現代までの画家やデザイナーの作品に触れる機会を増やすため、美術図書を揃えています。授業の中で教材として使用するほか、授業外の時間に閲覧することも可能です。

学科・実技模試

説明会・レクチャー

美大や入試に関しての最新の情報を知っていただくため、美大から教授をお招きしてレクチャーを行ったり、hamabi の実技講師と学科講師による美大入試の具体的対策についての説明会を行っています。もちろん無料でご参加いただけます。

緊急時の備え

緊急時の備え

校舎には自家発電機や緊急時の保温シートや飲料水等、防災用品を常備しています。また、AED の常設もしています。万一災害が発生し公共交通機関の運行に支障が出た場合は、安全が確認できるまで生徒は全員hamabi で保護します。

保護者面談

緊急連絡網

台風や積雪などの悪天候で授業の予定が変更・休講になる場合、お持ちのメールアドレス宛にメールが届く仕組みです。ご本人が携帯電話をお持ちでない場合は、保護者の方に登録をお願いしています。

PAGE TOP

神奈川の芸大・美大受験予備校 横浜美術学院

〒221-0834 横浜市神奈川区台町16-11

045-316-0677

hamabi@e-s-w.com

受付時間:月〜土/9:00〜18:00
日/10:00〜12:00 (祝日休業)