学院Blog 新着ニュースや授業の様子をお届けします

2015/12/18

実技模試の合同講評会

実技模試の合同講評会1

高1生・高2生科の2学期授業が終了しました。
学期末は恒例の実技模試が行われ、この日は、全クラス合同での講評会が開かれました。
外はひどく寒いのに、アトリエの中は生徒たちの熱気でいっぱいでした。
今回は、その講評会で高く評価されたトップグループの作品に対する、
先生からのコメントをご紹介します。



特進コース週4日クラス
「静物デッサン」木炭紙サイズ画用紙・鉛筆

実技模試の合同講評会2

【1位】 O.R.さん 高2生
作者は日本画志望なので支持体(紙)は白象紙になります。
普段から工業製品のような形の精度が問われるものをいくらか苦手にしていて、
今回も途中、ボウルの楕円の水平軸やブロックの垂直軸が傾いた状態になっていたのですが、
何度も修正を繰り返し、画面に安定感が出てきているような気がします。
全体にまとまりのある良いデッサンですが、
遠くの床の部分をぼかし気味にしたことで、奥行きがやや浅くなってしまったことが残念です。
確実に力はついてきていますからこの調子で頑張ってほしいと思います。




レギュラーコース週3日クラス
「風景というテーマで自由に描きなさい」 B3サイズ画用紙・鉛筆

実技模試の合同講評会3

【1位】 N.N.さん 高2生
壁に落書きなどがある古びた建物を正面から描いたこの作品は、
鉛筆による中間調子(グレー)の幅を巧みに使い、色彩豊かに表現している良いデッサンです。
メインの格子が入っている窓の部分のイメージには具体性があり、良く描けているのですが、
画面上の4つ並んだ四角い窓?が、本当にこの表現で良いのか疑問が残ります。



実技模試の合同講評会4

【2位】 U.A.さん 高2生
圧倒的な手数で手前のアスファルトを描写したこの作品は、
強さという点では有効な表現にはなっているのですが、
絵画空間としては奥が弱くなってしまい、
絵の構造をやや簡単にしてしまっている点が残念です。
この先、その辺りにもう少し工夫ができるようになると良いですね。



実技模試の合同講評会5

【3位】 T.R.さん 高2生
画面半分から上のスペースに描き込みを凝縮させ、
それと対比させるように手前に大胆に間を持ってきた作品は、
作者の狙いが上手く絵の効果として表現されています。
建物や木々は、対象の説明的な描写ではなく、線の綺麗さや色面など、
もう少し絵としての表現を積極的に使えると、さらに良くなったと思います。



実技模試の合同講評会6

【同率3位】 Y.S.さん 高2生
2学期終盤に入学してきた生徒です。
経験の少ない生徒が構成デッサン課題を苦にしないというのは珍しいことで、
通常、具体的なモチーフや資料等を見ることで描写が具体的になっていくものですが、
この生徒はまず自分の頭の中のイメージ先行で作品に取り組んでいきます。見事です。
地面の部分に使う鉛筆のタッチや、描いたり消したりを何度も重ねて作った絵肌を、
絵の魅力にできるとさらに良くなっていくと思います。




レギュラーコース週2日・週1日クラス合同課題
「経過というテーマで自由に描きなさい」 B3サイズ画用紙・鉛筆

実技模試の合同講評会7

【1位】 週2日クラス K.A.さん 高2生
このように手数の多い作品は、持ち時間が6時間という事を考えると、
そこにプランニングする時間も含まれているのですから、この手際の良さはお見事です!
思い切ったシンメトリック(左右対称)な構成も、単調にならず上手く表現されています。
以前からあった仕事の粗っぽさはだいぶ修正され、質の幅も増えてきていますね。
この調子でどんどん突っ走って下さい。



実技模試の合同講評会9

【2位】 週2日クラス H.K.さん 高2生
一見、絵になりそうにないものをモチーフに使用した作品ですが、
「経過」というテーマからこのような発想に至ったのでしょう、
鉛筆と消しゴムの削りカスをうまく使い、非常にリズムよく表現しています。
モチーフである文具に、高さや厚みなどの違いを感じさせられるような描写があると、
画面の印象がもっと良くなったことでしょう。



実技模試の合同講評会8

【3位】 週2日クラス I.M.さん 高2生
過去と現在の図像をだぶらせて描いた表現手法は、決して新しい表現ではないですが、
経験量の少ない高2生にとってはちょっとしたチャレンジです。
まだ拙い部分も多々あるのですが、柱の描写など、
透明感のあるとても綺麗な調子で描かれていて、魅力的な作品になっています。



今回、週1日クラスと1年生たちの作品が上位に入ってこなかったことは残念でしたが、
それでも、全体のレベルが非常に高い実技模試となりました。
12/21からスタートする冬期講習会に繋がる課題も、皆いくつか見つかったようです。
みんな、良く頑張りましたね!



PAGE TOP

神奈川の芸大・美大受験予備校 横浜美術学院

〒221-0834 横浜市神奈川区台町16-11

045-316-0677

hamabi@e-s-w.com

受付時間:月〜土/9:00〜18:00
日/10:00〜12:00 (祝日休業)