学院Blog 新着ニュースや授業の様子をお届けします

2016/04/30

毎年恒例!「ブランディング」授業

毎年恒例!「ブランディング」授業1

デザイン工芸コースは、グループで行う「ブランディング」という授業を行っています。
毎年この時期に行っているもので、2005年に始めて今年で12回目になります。



ブランディングとは、
「顧客の視点から発想し、ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略のひとつ。ブランドとして認知されていないものをブランドへと育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し活性・維持管理していくこと。またその手法。」(ウィキペディアより引用)
とあります。



ちょっと難しいですが、
街で見かける企業のロゴマークや店舗デザインなどもブランディングの中の一つで、
そのビジュアル表現が担う部分をこの授業で行っています。
とは言っても、そもそもプロフェッショナルな内容ですので、
美大受験予備校としては2つの大きな柱の元にこの課題を行っています。



毎年恒例!「ブランディング」授業2

一つは、プロの作品を数多く見ることを通して感覚を鍛えることです。
受験は傾向と対策をしっかり行うことが大切ですが、
もう少し大きな視点で美大入試を捉えると、
様々な実践を通して鍛えられた感覚を試される機会とも言えます。
試験突破に必要な作品のクオリティー向上のためと同時に、
世に出ている優れた作品を通して「眼」を養う、という狙いもあるのです。



もう一つは、「仲良くなろう!」です。
受験ですのでそれなりに大変な1年間になります。
うまくいく時期もあれば辛い時期もあるかと思います。
そんな時、少しでも同じ気持ちを共有できる人がいるということが、
心の支えになってくれたりします。
また、今後同じクリエイターの道に進むとすると、
受験期、大学、会社で出会う人とのつながりは財産になります。
受験が終わった後に、「ブランディングのBチームのみんなで打ち上げしました~!!!」
なんて報告を聞くこともあるくらいです。
入試結果も含めて充実した受験期が過ごせると良いですね。



約2週間の制作期間でGW明けにプレゼンテーションをしてこの課題は終了です。
共同作業ですので様々なルールを規定し行っていますが、
それぞれ性格も違えば見てきたものも違うので、意見の相違は了解ごと。
その上でお互い尊重しあって進められるなんてとっても立派です!
さあ、もう一踏ん張り!!



PAGE TOP

神奈川の芸大・美大受験予備校 横浜美術学院

〒221-0834 横浜市神奈川区台町16-11

045-316-0677

hamabi@e-s-w.com

受付時間:月〜土/9:00〜18:00
日/10:00〜12:00 (祝日休業)