学院Blog 新着ニュースや授業の様子をお届けします

2016/05/12

昼間部美術講義その1

昼間部美術講義その11

4月末、新年度になって初めての昼間部美術講義が開かれました。
昨年から始まったこの講義は、今年で2年目です。
昼間部美術講義とは、学院長によるスライドレクチャーで、
毎回設定されたテーマに基づいて作品を見ます。



実技トレーニングは好きだけど、美術歴史の勉強はちょっと苦手…
という人は結構多いものですが、
「線」であったり「色彩」であったり、
キーワードを通して作品をスライドで観ながら
時代の流れを感覚的に掴めるので、オススメの講義なのです。
美大受験生は、受験対策をずっと続けていると視野が狭くなりがちですが、
この講義をきっかけに興味の幅を広げ、作品を見る眼を作り、
過去のあらゆる美術作品からインスピレーションを得ることもできるのです。



昼間部美術講義その12

またこの講義には、どの専攻の昼間部生でも参加できます。
デザイン工芸・日本画・油画など、専攻という枠を超えて、
共通の重要な作家・作品をピックアップして解説してもらえるので、
「自分には関係ない」と思っていた作品にも出会い直せます。



第1回の講義のテーマは「美術とデザイン・工芸」でした。
講義の中に出てきたフレーズをざっとあげると、

アーツアンドクラフツ/アールヌーボー/琳派/ユーゲントシュテイル/ウィーン分離派/ロシアアバンギャルド/バウハウス/スイス派…

ロートレック/ウィリアムモリス/ルコルビジェ/ミュシャ/ビアズリー/ガレ/ボナール/国芳/豊国/光琳/光悦/宗達/クリムト/グロピウス/クレー/カンディンスキー/モホリナジ/アルバース/モンドリアン/ミースファンデルローエ/イッテン/ブロイヤー/マックスフーバー…



知らない単語ばかりで何が何だかわからない人もいたかもしれません。
ただ、今は全部理解できなくても、知らない単語はメモを取って調べていくと、
美術史も自分にとって身近なものになっていきますよ。
皆の成長を大きく助ける有意義なレクチャーでした。



昼間部美術講義その13

PAGE TOP

神奈川の芸大・美大受験予備校 横浜美術学院

〒221-0834 横浜市神奈川区台町16-11

045-316-0677

hamabi@e-s-w.com

受付時間:月〜土/9:00〜18:00
日/10:00〜12:00 (祝日休業)